オーストラリア大陸の東側に約2000km以上にわたって伸びる世界最大のサンゴ礁。略してG.B.R.。総面積の中には日本の国土がすっぽりと収まり、宇宙からも見えるという世界遺産だ。大小2500のリーフからなり、サンゴは350種以上、魚類は1500種以上など、豊かなマリンライフを誇る。島々は600以上あるが、大陸が沈んだ時に残ったものには熱帯雨林が茂り、サンゴでできたものは海面すれすれの平坦な地形なのが特徴。広大なエリアにわたるため、4つのエリアに分かれている。北から、最北端のケープヨーク~クックタウン沖のファーノーザン・セクション。ツアーでおなじみのケアンズを核としたケアンズ・セクション。ハミルトン島などを含むタウンズビルを中心としたセントラル・セクション。そして南回帰線を軸にしたマッカイ/カプリコーン・セクション。リゾート・アイランドはファーノーザン・セクション以外の3つのセクションに分布している。

Data

シーズン
4~12月は雨も少なく、海の透明度も高いシーズン。ただし、7~8月の夜は冷えるので軽いジャケットがあると便利。とはいえ、最低気温が16℃を切ることはめったにない

アクセス
G.B.R.の玄関口となるケアンズへは直行便で約7時間40分

ステイ事情
ケアンズ・セクション、セントラル・セクション、マッカイ/カプリコーン・セクションにアイランドリゾートが点在している

周辺アクティビティ
ダイビング、各種マリンスポーツ、トレッキング、リゾートライフ

こんな人におすすめ
宇宙からも見える、世界遺産の海に行ってみたい

 

ビーチリスト500++