ボルネオ島のサバ州の州都、コタキナバルは東マレーシア随一の商業都市。略称KK。中心地はシティホテルが中心だが、少し離れたビーチ沿いには優雅なリゾートホテルもある(オランウータンの保護センターが敷地内にもつところも)。直行便なら日本からアプローチしやすく、のんびりヴァカンスできるシティビーチといえそう。テナント数300を数えるコタキナバル最大の複合施設「1ボルネオ」や「センターポイント」など数軒のショッピングモールから、野菜や少数民族の工芸品などが並ぶ青空市の”タム”やハンディクラフト・マーケットまで、お買い物スポットの選択肢もいろいろ。キナバル山やトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園、テングザルと出会えるリバークルーズなどの拠点として滞在するケースも多い。

Data

シーズン
4~9月は比較的雨の少ない乾季。10~3月はモンスーンの影響を受ける雨季。年間平均気温は25~30℃

アクセス
成田からコタキナバルへ直行便で約6時間。またはクアラルンプールから国内線でコタキナバルへは約2時間30分

ステイ事情
中心地は大~中規模ホテル。周辺のビーチやハーバーにリゾートホテルが

周辺アクティビティ
マリンスポーツ、ショッピング、グルメ、足を伸ばしてキナバル山やトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園へ

こんな人におすすめ
日本から行きやすいので、短期の旅行におすすめ。キナバル山や周辺の島々など、自然に触れる体験もできる

 

ビーチリスト500++