バリ島の東海岸、落ち着いた風情が漂う老舗リゾートエリア。1930年代頃はバリ島のアートシーンに影響を残した画家のル・メイヨールやドナルド・フレンドなどが移り住み、1960年代頃にはエリザベス女王やヨーコ・オノなど世界の名だたるVIPをお迎えするリゾートホテルも登場。その後、ヌサドゥアのリゾート開発がスタートし、多くのツーリストが流れていったけれど、のんびりとした”こなれた”居心地の良さに、日本人の在住者やリピーターも多い。約8km続くビーチは、地元の子供たちの遊び場であり、サーファーやマリンスポーツを興じるツーリストもよく見かける。10~3月の雨季は波のサイズがアップするサーフィン・シーズン! やや南下した橋でつながった離島、スランガン島も中・上級者向けのサーフスポットだ。

Data

シーズン
4~9月が乾季、10~3月が雨季

アクセス
ングラ・ライ国際空港から車で約20~30分

ステイ事情
メイン通りのジャラン・ダナウ・タンブリンガンに入口を構えたオンザビーチのリゾートホテルが多い。プチリゾートから大型ホテルまで、どこも落ち着いた風情

周辺アクティビティ
サーフィン、暮らす気分でビーチ散策、ル・メイヨール博物館など

こんな人におすすめ
2度目以上のバリ島で、のんびり過ごしてみたーい♪ 雨季のビッグウェイブを狙うサーファーなど

 

ビーチリスト500++