エーゲ海の中央、キクラデス諸島の最南端にある、76平方kmの三日月形の島。かつては“ストロンギーニ”(丸い)と呼ばれていた島が、紀元前1450年ごろの大噴火によって中央部分の陸地とともに栄えていた文明もろとも海中へ。このことから幻のアトランティス大陸だとする説も。中心地のフィラは断崖の上に築かれ、崖下の港からのロバの移動が名物。崖上の雪をかぶったように白い街並みと地中海のコントラストが美しい。西を向いたイアの街は夕暮れ時、海へと下るキクラデス様式の白い街並みが茜色に染まる。この光景は「世界一のサンセット!」との呼び声も。三日月形の島の内側の湾には3つの島が浮かび、そのひとつネカ・カメニは海から湧くホットスプリングスや火口が観光名所に。

Data

シーズン
4月下旬~10月上旬。晴天日は年間約300日

アクセス
ヨーロッパ諸都市で乗継ぎアテネへ。アテネからは空路約40分

ステイ事情
中心地のフィラと夕日の名所のイアの断崖に洗練されたリゾートが

周辺アクティビティ
パレア・カメニ島とネア・カメニ島への観光ツアー、海を見下ろしのんびり、ワイナリー訪問、イアでのショッピング

こんな人におすすめ
白い街を真っ赤に染めるサンセットがロマンチック。カップルからひとり旅も感動できる眺め

 

ビーチリスト500++