タヒチ/French Polynesia

南太平洋

タヒチ/French Polynesia

世界中のハネムーナーの憧れの地、タヒチ。正式名称はフランス領ポリネシア。日本から約9500km、南太平洋に浮かぶ118の島々からなる。ボラボラ島のあるソシエテ諸島、ダイバー憧れのランギロアがあるツアモツ諸島ほか、ゴーギャンの眠るマルケサス諸島、クジラと泳げるオーストラル諸島などが、西ヨーロッパ全域に匹敵する広大な海域に点在している。タヒチの魅力は島の美しさ。緑の高峰と青いラグーンがコントラストをなす島もあれば、大きな空の下に水平線が広がる海面すれすれの環礁もあり、どちらも心打つ絶景だ。まさに、”楽園”の形容詞がぴったり。美しきタヒチの島々の引力は19世紀にはゴーギャンやサマセット・モームなど芸術家たちを呼び寄せ、今も多くの写真家や画家たちの心をとらえて離さない。伝統的なポリネシア調の水上バンガローなど、リゾート滞在もタヒチの醍醐味。朝食をカヌーで海から運んでもらうカヌーブレックファストや無人島でのランチなど、ロマンチックな演出も忘れられない思い出に。

Data

シーズン
11月~3月は雨期にあたるが、南国らしいシーズン。4~10月は若干気温が下がる(最低気温23℃前後)が過ごしやすい乾季。ただし、6~8月は”マラム”と呼ばれる強風が吹き、ダイビング・スポットが制限されることも

アクセス
パペーテまで成田、関空から約11時間30分

ステイ事情
憧れは水上バンガロー。手頃なプチホテルやペンションもある

周辺アクティビティ
ダイビング、サーフィン、カヌーブレックファスト、ホエール・スイミング

こんな人におすすめ
ハネムーナー究極の憧れ。水上コテージに泊まりたい。ダイバーやサーファーにとっても憧れの頂点!

 

ビーチリスト500++