マレー半島西側に浮かぶ、別名”東洋の真珠”ペナン島。18世紀後半にイギリスの植民地だった名残が今も中心地ジョージタウンに色濃く残り、中国やマレー、インドなど交易の地として栄えた背景と相まって、コロニアルな中にアジアの香りが漂っている。このジョージタウンは2008年、世界遺産に。ペナンのメインビーチは、島の北部のバツー・フェリンギ周辺。約3km続く海岸線沿いにホテルやレストランが軒を連ねる。透明度は期待できないが、パラセイルなどの各種マリンスポーツが充実。夜には屋台やナイトマーケットも出没する。シュノーケリングやダイビングをするなら船で約2時間のパヤ島へ。リピーターいわく”どこか落ち着く”ペナン島だが、ここ最近は街のあちこちで見かけるストリート・アートが注目を集めている。

Data

シーズン
南西モンスーンの影響で、5~9月は比較的雨が降るが、旅行に影響はほとんどない。晴天が続くベストシーズンは10~5月

アクセス
クアラルンプールから国内線で約1時間

ステイ事情
ビーチリゾートは北部のバツー・フェリンギ周辺。大型リゾートホテルからバジェットホテルまで

周辺アクティビティ
パラセイルなどの各種マリンスポーツ、グルメ、パヤ島へのシュノーケリングツアーなど

こんな人におすすめ
近場のアジアンビーチでアクティブに過ごしたい

 

ビーチリスト500++